2010年04月16日

一つの生地でバリエーション

4月のブーランジェリー「レスト」のパン教室のお題は「菓子パンのアレンジ」と「黒ごまのパン」の2種類。
生地は2種類ですが、なんと1個ずつ違う成型になっていて、お持ち帰りの8個すべてが「同じ生地からできてるのexclamation&question」って驚くほど。
P1010243.JPGP1010244.JPG先生のデモンストレーションひらめきまず、先生が成型をやってみせてくれます。さすがに職人、とっても速くて無駄がないあせあせ(飛び散る汗)
P1010246.JPGP1010245.JPG
P1010250.JPG「ウインナーロール」の完成ですぴかぴか(新しい)
同じ生地でできるのは
P1010249.JPG「メロンパン」
P1010251.JPG「小倉あんパン」
P1010252.JPG「桜餅風あんぱん」中に桜餡となんと桜の葉も入ってます
P1010248.JPG
こちらは「黒ごまの生地」生地に黒ごまと香ばしさを出すための胡麻油が入っています。ゴマ好きのnaonaoにはたまらん風味グッド(上向き矢印)
P1010253.JPG茹でたサツマイモをくるんだ「ごまおさつ」
P1010254.JPG「チーズクッペ」ダイスチーズがた〜っぷり
P1010255.JPG「ベーコンチーズボール」
P1010256.JPG「ベーコンエピ」
同じ生地でも、こんなに表情が変わるんだな〜って感心したパン教室でしたわーい(嬉しい顔)

で、異動が決まったので、お世話になった皆様に粗品というわけで、復習を兼ねて「メロンパン」をたくさん作ってプレゼントしました。
P1010264.JPGP1010265.JPG
13個もできてしまうレシピだったので、捏ねも成型も大変でしたが、焼き上がった姿を見たら感動るんるんるんるんるんるん
posted by ナオナオ at 07:57| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

免許皆伝?

やっと、満足のいくバゲットが焼けました長かった・・・ここまで苦労しましたふらふら。銅板がよいと聞けば銅板を買い、霧吹きもより細かいミストのものに替えたり、発酵の時間、温度、クープの入れ方、はてはオーブンを替えて・・・そして、今夜、ついに満足のいくバゲットとなりました。
P1010228.JPG
<バゲットカンパーニュ>
準強力粉200g、全粒粉25g、ライ麦粉25g、塩4g、イースト小さじ1/4、はちみつ5g、水170cc

1 粉類をボウルに計量し、水に蜂蜜、イーストを混ぜたものを一気に注ぐ
2 カードでよく混ぜ、ひとまとまりになったら、台の上でこねる
3 5分くらい捏ねたら、ボウルを室温に置き、1次発酵8時間
4 パンマットに打ち粉をたっぷりとふり、生地を乗せる。4つ折にして丸め 直し、ベ ンチタイム30分
5 とじ目を上にして、平たくしたら奥から手前に折り、芯を作りながら巻き、巻き終わ りをしっかりとじる 
6 打ち粉をしたパンマットに置き、布どりをして、濡れ布巾をかぶせ、室温 で2次発 酵1時間
7 250℃にオーブンを予熱
8 表面に強力粉をふり、3本クープを入れる
9 予熱が完了したオーブンの電源を一旦切ったまま生地を入れる
10 7分そのままにして、クープが開いたら、230℃で10分、200℃
 で7〜8分焼く

ある本を参考にして、焼き方を変えてみました。
今日の焼き方のポイントは
・ステンレス板(オーダーメイド)を予熱の時に一緒に入れておく ひらめき
・生地を銅板にのせ、しっかり霧吹き ひらめき
・予熱後、一旦オーブンの電源を切り、余熱の中に生地を投入ひらめき

そうすると、アラ不思議火を入れていないのに、しっかりとしたクープの割れ目が出現そのまま高温でバリッと焼くと、このとおりです。
P1010229.JPG
早速、できたてに耳を当ててみると「プチプチ」とよくできた証拠の「ハミング」が聞こえます
一口ずつ妹と試食しましたが、クラストはパリパリで厚すぎず、クラムもばっちりでした。
P1010230.JPG

やっと、人様にプレゼントできるバゲットが焼けるようになったようです。
posted by ナオナオ at 07:43| 福岡 | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

新しいオーブン

naonaoさん家のオーブンは、前の家にいる時に買った「ヘルシオ」るんるん当時、30Lクラスで2段焼きできるのがコレしかなかったので、その時の最上級モデルを購入。およそ4年間、パンを焼くことはもちろん、焼き菓子、オーブン料理、電子レンジとしての温めなど・・・使わない日はないexclamation×2と断言できるほどのヘビーユーズでした。
でも、最近様子がおかしいのです。
食パンやちょっと大きなパンを焼くと、中心が生焼けだったり、パンの膨らみがイマイチだったり、でき上がったパンの焼きムラが気になったり・・・たらーっ(汗)というわけで、一念発起してオーブンを世代交代してもらうことにしました。
とはいえ、なかなか「パンを焼くこと」などのオーブン機能に特化した機種は少なく、条件としていた「300℃以上の温度設定が可能なこと」「30L以上で2段焼きが可能なこと」「発酵メニューがあること」こういった機能を持っているものは、どうしても高くついてしまいますバッド(下向き矢印)
価格.comでさんざん調べ尽くして「コレかなひらめき」とたどり着いたのがコレ
P1010198.JPG「三菱電機の石焼厨房RO−EV100」ですぴかぴか(新しい)350℃までの温度設定が可能で、内部には石焼の名にふさわしいセラミック?のパネルが両サイドに張られ、蓄熱効果と遠赤外線効果抜群グッド(上向き矢印)まさに「焼き」にこだわったオーブンなのです。
最初は「ガスオーブン」も検討していたのですが、ガス工事が必要なのと、オーブンの上面に45センチ以上の空地が必要なこと(火災予防条例上に規定されている)これにより我が家では少し難しいということになり、電気でもガス並の火力がある(らしい)この機種に位置情報
家電量販店も探したけど、なにしろ「三菱製」は取り扱っていないという量販店ばかりで、結局、ネットで探してやっと手に入れましたぴかぴか(新しい)
受注生産のような感じになっているらしく、一般的には流通していないのだとか。(だって実勢価格10万円近いからな・・・)
付属のピザストーンP1010199.JPGコレを使うと、ピザもカリッと焼けるそうです。普通にパンを焼く時にも安定した下火を保つことができそうなので、クープをパキッと開きたいバゲットには最適かも手(チョキ)
早速、オーブンが届くなりパンを焼き始め、違いに圧倒exclamation×2食パンの「釜のび」も違うし、クープもしっかり開くし、本当にガス並みかもひらめき
写真を撮り忘れてしまったので、最後は昨夜焼いた、本日のランチ用パン「カレーチーズオニオン」P1010202.JPGカレー粉を練り込んだ生地と生のタマネギ、モッツアレラチーズをたっぷりトッピングした逸品です。
おまけはパン教室のガスオーブンで焼いた「スイートパンプキン」P1010201.JPGP1010200.JPGどうでしょう?違いがありますかねexclamation&question

さ、これからもじゃんじゃんパンを焼くぞ〜〜パンチ
よろしくお願いします、新しい相棒ちゃん。

※ちなみに、ヘルシオちゃんは、まだまだパンを焼かない人には十分使えるので、最近引っ越ししたばかりで、同居人ができる職場の先輩Yさんの元へお嫁に行きました。
posted by ナオナオ at 07:42| 福岡 ☀| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

春分のパンとお菓子祭り

あいかわらず、週末ともなるとパンばかり作っているような気がします。最近、ABCクッキングスクールをさぼっていたので、急にまた通い始めましたあせあせ(飛び散る汗)
ちょうど、パルコのオープンと重なった3連休、天神はさすがの人の多さで人に酔ってしまいそうな活気です。
まずは土曜日に作った「チーズ・オン・チーズ」
P1010180.JPGP1010179.JPG中にはクリームチーズにブラックペッパーとバジルを混ぜたフィリング、表面には粉チーズを散らして。生地はもっちり、ふわふわで優しい感じです黒ハート
やっと、「炭水化物抜きダイエット」から解放され(結果は効果なし!!)とってもとってもパンやご飯の美味しさを感じます。もうやだ〜(悲しい顔)

さて、翌月曜日は友人のYとTがやってきて、我が家でパン作りるんるん毎月1回必ず3人で集まってパンを作っています。もう6ヶ月?続いているかなるんるん毎回違うものを作るので、2人のレシピも徐々に増えています。
今回は「パン・ド・ヴァン」という赤ワインで仕込む赤いパンと、「カレー・チーズ・オニオン」20100307161100.jpg
揚げずに作るカレーパンといったところでしょうか。
翌月曜日、今日はお菓子を作ろうexclamationと意気込んで朝を迎え、早速初「マカロン」に挑戦パンチP1010195.JPGP1010193.JPG桜色に作ったはずですが、ちょっと焼き色がついてしまいましたたらーっ(汗)が、味はばっちりです。
本日のパンは「ダブルコーン」ペースト状にしたコーンと粒コーンを生地に練り込んだ、ほんのりした甘さとコーンの香ばしさがイイ感じです。これ、私の大好きな三越の「ジョアン」のコーンパンに近い感じです。P1010183.JPGP1010184.JPG
ラストは「ショートケーキ」なかなか作るチャンスがないですよね〜ちなみにnaonaoはデコレーションが苦手です。P1010190.JPGP1010187.JPG表面とサイドにクリームを盛っていくのが難しいんですよねバッド(下向き矢印)
ダイエット中の我が家は、そっくりジムに持っていってあげちゃいました。

以上製作週間レポートでした。
posted by ナオナオ at 08:05| 福岡 ☔| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

見てるだけ〜

日曜日は月イチのお楽しみ「ブーランジェリー・レスト」のパン教室でした。今回は、申し込みが多すぎて追加講習となったせいもあり、6人と非常に少なめ。ゆったり、のんびりのサロン形式でのレッスンとなりましたぴかぴか(新しい)
本日のお題は<ブリオッシュ>と<ピアディーニ>です。
まずは<ブリオッシュ>から
バターを「ウソッ」と叫びたくなるほど入れて、仕込み水に牛乳を使うという、カロリー的には決してオススメできないけれど、おいしいパンですハートたち(複数ハート)
P1010081.JPGP1010080.JPGP1010079.JPG
捏ねている時はすっごいベタベタで、まとまらないのですが、発酵の力でゆっくりよい生地に育てていくタイプの生地です。よって、本日捏ねた分は明日にしか仕上がらないので、すでに1次発酵が終わった生地を別にもらって、成型の練習パンチ
定番の「ア・テート」はお坊さんが座禅を組む形がモチーフ
レストの中でのお気に入りの一つ「ブリオッシュ・シュクレ」は平べったく伸ばして、バターとバニラシュガーでおめかしした、程よい甘さがおいしいわーい(嬉しい顔)
最後は「パン・ア・ラ・クレーム」要するにクリームパングッド(上向き矢印)ですが、生地もパンも並のクリームパンとは比べものにならないくらい贅沢な材料使いです。
この3つは店頭にも並んでいるので、食べてみたい方は是非。
P1010090.JPGP1010091.JPGP1010088.JPGP1010087.JPG

2つ目のお題<ピアディーナ>は北イタイアはエミリアロマーナ州の伝統料理だそう。シェフがイタリア修行中に習ったものらしいです。ピザの生地に非常によく似ていますが、こちらはパニーニのように具材を挟んで薄く焼き上げるのが特徴exclamationもちろん、生の野菜やスモークサーモンを巻いてラップサンドとしてもおいしそうるんるん
生地は粉にラード、塩と砂糖、水、イーストと至ってシンプル、捏ねたらすぐに分割して冷蔵庫で1晩ゆっくり熟成させます。
そう、こっちも生地に時間がかかるので、すでに1次発酵済みのもので仕上げを。
P1010077.JPGフライパンを裏返しにして熱し、1mmに薄く伸ばした生地を乗せて焼きます。プーッと膨らんできたらフライ返しで叩きながら気泡をつぶし、両面焼きます。
一旦、ラップかビニール袋に包んで蒸らしたら、その間に具材の準備
P1010082.JPG
P1010086.JPG本日はモッツアレラ、トマト、バジル、グラナパダーノ、オリーブオイルで極シンプル手(チョキ)
具材を半分の面に乗せたら折って半月にし、チーズが溶けるまで両面を焼きます。最後に食べやすい大きさに切ったらできあがり。
熱々はとっても美味黒ハートですが、そういえばコレは炭水化物・・・

ええ、1切れだけ食べてしまいました。早くも炭水化物抜き生活脱落たらーっ(汗)
で、でも、これだけです。今のところ。たった生地量で50gバッド(下向き矢印)なので許してください。

残念ながら、せっかくのパンたちはしっかり妹Sの腹の中におさまりましたとさもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ナオナオ at 07:48| 福岡 ☔| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

新春初パン教室

今年最初のパン教室に行ってきました。3連休の最終日だったためか、いつもは定員の15人が満杯になるほどなのに、今回はたったの6人・・・ちょっと寂しい感じです。とはいえ、逆にサロン形式でゆったりスペースを使いながらのレッスンはまさに「浄水セレブ」感が漂っています。
本日のお題は「NYチョコブレッド」と「全粒粉の自然発酵種パン」いつも、季節行事を意識したパンが入っているので、今回はバレンタイン用かなわーい(嬉しい顔)
CIMG3123.JPGCIMG3122.JPGCIMG3121.JPG
ブラックココアという普通のココアよりさらに色の濃いココアを使って真っ黒な仕上がりグッド(上向き矢印)チョコチップが入ったフワフワの生地の中には、クリームチーズと柚子のピールを混ぜたクリーム入りかわいい甘酸っぱさがチョコにマッチしています。
同じ生地でもう一つ。CIMG3124.JPGCIMG3125.JPGフィリングを詰めない生地を2つに切って断面にコーティングチョコをかけたバージョン。こちらも、チョコの甘さがシンプルに引き立ち最高グッド(上向き矢印)
全粒粉のパンはイーストを使わず、「ルヴァン」という自然発酵種を使って作る逸品。本来は種の仕込みに丸1日はかかるのですが、種は教室で用意してあったので、本捏からでよく、短時間作業です。
CIMG3126.JPGCIMG3127.JPG多少発酵力が弱いので、あまり大きく膨らみませんが、モチモチとした心地よい食感が美味。
お家で復習をかねて、ドライフルーツ入りバージョンを作ってみました。
CIMG3131.JPGCIMG3133.JPGこちらも、繊維質が豊富で女子に嬉しいパンですわーい(嬉しい顔)

さ、今年も製作に励みますよ〜。
posted by ナオナオ at 07:48| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

冬のお楽しみ

naonaoがいまだに苦手としているパンがあります・・・1つはバゲット、もう一つがクロワッサンですたらーっ(汗)
まあ、2つとも、難しいのに間違いはないのですが、それに加えて時間がかかるのも難点バッド(下向き矢印)とくに、クロワッサンは作る時期を選ぶパンでもあります。というのも、バターを折り込む作業を繰り返すので、バターが溶けやすい夏場は大変なのです。
そう、そういう意味では、寒くなってきた今がクロワッサンの作り時なわけでするんるん
というわけで、今月のブーランジェリー「レスト」のパン教室のお題は、「クロワッサン」とクリスマスの定番「シュトーレン」なのです。超豪華な組み合わせですぴかぴか(新しい)
まずは、「クロワッサン」ここのオリジナルレシピでは、「焦がしバター」を生地そのものに練り込むので、とても香ばしい〜生地なのです。もちろん、バターは発酵バターを使うのをお忘れなく。20091103154634.jpg
まずはクロワッサン3種盛り。時間がかかるので、成形だけしたものです。プレーン、チョコ、アンチョビとクリームチーズキスマーク
20091103154726.jpg20091103154708.jpg
20091103154808.jpg

20091103150507.jpg
こちらは、スペシャル黒ハート「クロワッサンダマンド」お店でクロワッサンが売れ残ってしまった時に、半分に切ってアーモンド風味のシロップをつけ、中と表面にアーモンドクリームをたっぷり絞ったもの。これなら、作った翌日のクロワッサンもとってもおいしく食べられますわーい(嬉しい顔)レストでは、めったにお目にかかれない幻の一品なのだとか。
CIMG2479.JPGCIMG2480.JPGこちらは、1次発酵済みの生地を手折りでバターを折り込んで作ったもの。時間の都合で、折り込み後の生地をそれぞれお持ち帰りし、自宅で成形、2時発酵して焼いて仕上げました。
お店の生地は美しい層が幾重にも重なっています・・・ああ私もこんな風にできたらたらーっ(汗)と、がっかりしてしまいますが、これは「折り込み機」という機械のなせる技なのだとか。手折りだと、どうしても時間がかかるし、限りなく薄く延ばすには限界があるので、9層〜16層が精一杯なのです。もちろん、これでもかなりおいしいですけど、やっぱり食感の軽さは出せないんですふらふら

そして、こちらは「シュトーレン」naonaoも大好きなので、クリスマス前のこの時期にたくさん作りますが、レストのものは「アルザス風」なのだとか。あまり甘くなくて食べやすく、長期熟成もできる逸品ハートたち(複数ハート)20091103151547.jpg
発酵種とバターと粉類をそぼろ状に下処理したものを卵を加えながらこね上げていく生地。計量と準備がやっかいですが、作り方そのものは単純。これ、我が家の定番になりそうです。20091103152137.jpg
中の具材はレーズン、オレンジピール、クランベリー、いちじくをラム酒とコアントローに漬けて風味付けしたものと、ローストしたクルミ、松の実。外側は澄ましバターとグラニュー糖でコーティングしています。
もしも、シュトーレンが食べたい方は、お分けしますのでご連絡ください。1週間くらいでお届けできると思います。(受け取りが可能な方)

しかし、両方ともかなりカロリーの高いパンですあせあせ(飛び散る汗)食べる前にはジョギング1時間だな。
posted by ナオナオ at 23:50| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

新年1回目のパン教室

3連休最終日は今年最初の「レスト」のパン教室へ手(チョキ)ここの教室はいつも本格的で、でもどこにもないパンを習うことができるので、お気に入りです。
今回の1つ目は「野菜のフォカッチャ」
CIMG1195.JPGCIMG1194.JPGCIMG1193.JPGCIMG1192.JPG同じ生地で、中に「とろけるチーズ」を入れたものと、プレーンなもの、仕上げも「ハーブ塩」と「パルメザン&黒こしょう」バージョンと6個3種類になりました。
グリルしたズッキーニ、パプリカ、ジャガイモ、ナスを具にしているので、見た目も華やかぴかぴか(新しい)ふわりとした食感とオリーブオイルの香りが最高ですわーい(嬉しい顔)

2つ目は「ニューヨークチョコブレッド」
こちらはブラックココアという、通常のココアより焙煎を強めに真っ黒に仕上げたココアを使ったパンです。CIMG1196.JPG生地にチョコチップを混ぜ込み、そのまま丸めて焼き上がってからチョココーティングしたものと、中にフランボワーズのジャムと生チョコを巻き込んだものと2種類。CIMG1197.JPG生チョコバージョンは特においしくて、中に入った生チョコも「カカオバリー社」の高級品を使った、本当の生チョコなのです黒ハート
今年のバレンタイン用はこれにしようかな・・・(早くもネタバレ?)

また来月の教室が楽しみです。
posted by ナオナオ at 07:27| 福岡 ☀| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ことしも今日で終わりです

さて、早いもので今日は大晦日グッド(上向き矢印)27日から9連休に入ったnaonao、長すぎる休みに何しようかな〜なんて思っていましたが、気がつけばもう、折り返しですあせあせ(飛び散る汗)
本日は、29日に「ブーランジェリー・レスト」の今年最後のパン教室に行って来たので、またまた食い物ネタですわーい(嬉しい顔)

1品目は「クレッセント」20081229160903.jpg
プレッツェルのようなカリッとした食感と、表面のハーブ塩のハーモニーがおいしいパンです。このクロワッサンのような形、薄く伸ばした生地を何層にも巻いて作るのですが、今までに作ったパンの中でもピカイチの成形が難しいパンでしたたらーっ(汗)20081229151019.jpgカリッとした食感が命なので、食べる直前に焼いた方がおいしい。というわけで、お店でもあまり長い時間は出さないそうです。

2品目は「ガレット・デ・ロワ」20081229155146.jpg
フランスで「お正月」のお祝いに食べる「王様のパイ」だそうです。中には「クレーム・ダマンド」というアーモンドのクリームとカスタードを混ぜたものが入っています。クレーム・ダマンドは、日本でいうところの「あんこ」のようなものでしょうか。
実は中に1個だけ「フェーブ」という陶器で作ったおもちゃが入っています。このフェーブが入ったものを食べた人は、いい年が迎えられるとか、一緒に食べた人の「王様」としてその日だけ何でも言うことを聞いてもらえるとかるんるん遊び心満点です。
さ、どこに入ってるかな・・・20081229150222.jpg20081229155519.jpg
そんなこんなで、今年もご愛読ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
皆様、良いお年を。

さ、実家に帰ろうかね〜。
posted by ナオナオ at 12:52| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

クリスマスの贈り物

気がつけば、もう11月も終わり、明日から師走。12月ですクリスマス忘年会だ、クリスマスだ大晦日だと、慌ただしくなりそうな予感ではありますが・・・。
ここ数年、この時期になると、親しい友人やお世話になった人に小さな「贈り物」をするようになりました。
「シュトーレン」です。CIMG1106.JPGCIMG1105.JPG
イエスキリストの生誕の時の「おくるみ」をイメージしているという、ドイツ伝統の発酵菓子ぴかぴか(新しい)薄く切って、クリスマスを指折り数えながら少しずつ食べるのだそう。
今年も、このシュトーレンのためにnaonao特製の「ブランデー漬けドライフルーツ」をたっぷり使って、作りました。

<シュトーレン>
強力粉160g、卵1個、砂糖大さじ3、イースト小さじ1、塩小さじ1/3、バター50g、ドライフルーツ60g、スライスアーモンド30g、水45cc、粉糖適宜、仕上げ用バター15g
※ドライフルーツは(イチジク、サルタナレーズン、カレンズ、オレンジピール、レモンピール)を使用
1 スライスアーモンドは予熱なしのオーブンでローストする(180℃7分程度)
2 ブランデー漬けドライフルーツはペーパータオルで水気を切っておく
3 ボウルに粉類を計量し、ほぐした卵、水を加えて混ぜる
4 台の上に出し、バターを加えてよくこねる
5 8割ほど捏ね上がったところで、1と2の具を生地とよくなじませる
6 1次発酵40℃で40分眠い(睡眠)
7 ガス抜き、丸め直し、ベンチタイム10分
8 とじ目を上にして、めん棒でたて30センチ幅20センチくらいにのばす
9 たて両端を2センチくらい折り、上の生地がやや覆いかぶさるように、半分に折る
10 2次発酵40℃で20分(オーブンを180℃に予熱ひらめき
11 180℃で24〜25分焼く
12 熱いうちに表面にたっぷりバターを塗り、茶こしで粉糖をたっぷりかける

ブランデーに漬けたドライフルーツは香りが高く、一段上の仕上がりになりますわーい(嬉しい顔)バターはできれば発酵バター(ちょっと高い)を使えば、さらに良いできばえになりまするんるん
今日の2つは、職場の上司たちへのプレゼントプレゼントいつもお世話になっている皆様へ、素敵なクリスマスになりますように。
posted by ナオナオ at 23:54| 福岡 ☀| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

パン屋修行?

近所のパン屋さん、「ブーランジェリー レスト」のパン教室に行ってきました。実際にオーナーシェフが指導してくれる、なかなか素晴らしい教室です。しかも、店で売っているのと同じパンが作れる黒ハート
早速教室に入ると・・・15人の生徒さんがスタンバイひらめきみんな、リピーターらしく、このせいでなかなか新メンバーの予約は取りづらいのだとか。
本日のメニューは「メロンパン」と「ウインナーロール」でするんるんメロンパンは大好きなのですが、家で作るには面倒くさい・・・ので、なかなか作らなかったんですよね〜たらーっ(汗)
ココのパンは「ルヴァン」という、液状の天然酵母をイーストの補助として加えるので、発酵に時間がかかります次項有特に、メロンパンの生地は2種類あるし、時間が足りないので、本日は「成形」がメインになります。
そして、でき上がっている生地に、ビスキー生地を重ねて丸めるあせあせ(飛び散る汗)これがなかなか難しいのですが、できあがりはご覧の通り20080622150344.jpg
なかなかいい面構え20080622150407.jpg「砂糖中種法」という方法で長時間発酵させて作った生地は普通のメロンパンのちょっと「カスカス」な生地とは違い、しっとりと滑らかぴかぴか(新しい)サックサクのビスキー生地との相性も抜群です。
メロンパンを焼いている間に、「ビスキー生地」作り。これは、砂糖、薄力粉、卵をクッキーのように混ぜて作るのですが、おいしい生地にするには1晩しっかり生地を休ませた方がいいので、生の生地をお持ち帰りカバン

2品目は「ウインナーロール」ウインナーに細く伸ばした生地がぐるぐると巻き付いている定番のお食事パンわーい(嬉しい顔)生地はメロンパンと一緒です。
40センチくらいの長さに伸ばしたパン生地を長いウインナーに巻きつけるあせあせ(飛び散る汗)これもキツすぎず、ユルすぎず微妙な力加減exclamation
焼く前にケチャップと粒マスタードマヨネーズをかけてできあがり20080622152410.jpg
う〜ん、実にお腹が空く20080622152436.jpg
シェフは色々と細かいことまで教えてくれるし、ちょっとした店のパンの秘密とか話してくれておもしろいし最高です。
そして、生地をこねているnaonao、先生に「パンに優しいキレイな手手(パー)」と褒められちゃいましたわーい(嬉しい顔)パン作り暦5年、天にも昇る気分ですかわいい
最後は紅茶と一緒に自分のパンを試食する時間があり、なんとお土産に店でオープン以来ずっとつないでいるという貴重な「ルヴァン」をお裾分けしていただきました。
CIMG0438.JPG
家に帰って、習った通りにうちでも「培養」ですCIMG0439.JPG
今日にも使えるので、早く帰って昨日のビスキー生地とあわせて「メロンパン」作ろうかな〜。

ブーランジェリー レストのパン教室は1月ごとに違うメニューで月3回(土曜、日曜、平日)実施で1回2500円です。
来月分も予約したことは言うまでもありません・・・

posted by ナオナオ at 07:53| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

naonaoのパン教室

土日はお友達のチャミさんが来て、泊まりがけで2人でパンの製作でした手(チョキ)なんで、1泊2日?と思われたかもしれませんが、それは「天然酵母」のパンを作ろうグッド(上向き矢印)って理由からです。ゆっくりゆっくり発酵して作る天然酵母のパンは、味わいもスペシャルです。
早速、土曜日の夕方から我が家にやってきてまずは「ロールパン」の計量とこねからです。
とはいえ、でき上がるのは明日なので、パン作りの楽しさを目いっぱい体験してもらうべく、天然酵母の生地がこねあがったら、「あんぱん」の製作次項有こっちは「イースト」発酵なので2時間ででき上がるスピード仕上げです。
そして、一緒にご飯食べて、いっぱい色んな話しをしながら夜は更けてゆき・・・明日ボウルいっぱいに天然酵母の生地が膨らんでいることを期待しながら就寝眠い(睡眠)
さて、これがお待ちかねの「天然酵母ロールパン」です。CIMG0182.JPG牛乳仕立てなので、もっちりふんわり黒ハート最高のでき映えですぴかぴか(新しい)ついでに、2次発酵の空き時間を利用して「ベーグル」も作っちゃいました。CIMG0183.JPGこっちは黒ごま入り。
CIMG0184.JPG
こっちはオニオンと黒こしょう。成形をちょっと変えてみました。
こうして、3種類のパンを作り終わったチャミちゃん、とっても嬉しそうに帰っていきました。ホント、土日はパンづくしだったな〜あせあせ(飛び散る汗)
来週末は晴れますように晴れ
posted by ナオナオ at 22:41| 福岡 ☔| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

久しぶりにパンの話

体調も何とか回復グッド(上向き矢印)というわけで、土曜日は元職場の同僚とランチを食べに行きましたレストランせっかくなので手みやげにパンでも・・・というわけで、本日は「ベーグル」にしました黒ハートしかも、このベーグル、女の子へのお土産ということもあり、ちょっと「そば粉」を加えて、素朴な風味に仕上げてみました。
CIMG0161.JPG
我ながら、つやピカの上出来ぴかぴか(新しい)
<そば粉のベーグル>
強力粉200g、そば粉50g、はちみつ14g、塩4g、イースト小さじ1/4、イースト用水小さじ1、モラセス小さじ1

この材料をこねて、成形して、発酵して、茹でて、焼く手(チョキ)てなわけで作り方は省略ですが、このベーグル、NY生まれのヘルシーなパンハートたち(複数ハート)というわけで、やっぱりNYで食べたベーグルは格別だったな・・・なんて思いつつ。
でも、そば粉入りっていうのは日本人的naonaoのオリジナル、NYにだってなかったですわーい(嬉しい顔)
茹でてから焼くので、焼成のときにほとんど膨らみません。そのため、あの独特の目が詰まったもっちりとした食感になるわけです。
バターなどの油脂分が全く入ってないので、ヘルシーというわけ。サンドイッチにしたり、クリームチーズを付けながらたべるのがおいしいです。

ちなみに、アメリカではどこのスタバにも「ベーグル」があって、+50¢でクリームチーズをつけてくれます。この組み合わせの朝食を1ヶ月に何回食べたことか・・・注文の時に「begle&Cream Cheeseexclamation」って言ってくださいね。
posted by ナオナオ at 18:11| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

St.バレンタイン

本日はいよいよバレンタインデーグッド(上向き矢印)世の男子の皆様、そしてチョコを渡す女子の皆様も、なんだかウキウキな1日exclamation&questionでしょうか。
というわけで、naonaoも例年通り?職場の皆様へ日頃の感謝を込めてチョコを作ったとさ。
私のチョコは「チョコパン」なのです。これなら、あまり甘くないので、実は甘いものが苦手な人にも大丈夫ぴかぴか(新しい)という勝手な解釈です。
CIMG0142.JPG
全部で8個なので、もらえたアナタはちょっとラッキーかもわーい(嬉しい顔)
そして、実は自分が食べたい女子の皆さんと食べるためのチョコも用意しました。こちらはチョコレートケーキCIMG0141.JPG

スイートチョコ140g、卵1個、牛乳50cc、生クリーム100cc、小麦粉15g、ブランデー大さじ1

温めた生クリームと牛乳に、他の材料を順に混ぜ、型に流し込んで、170℃のオーブンで「湯煎焼き」すること25分バースデー
これだけです。でもでも〜湯煎焼きの効果でしっとりと口溶け滑らかなグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)でも食べるのは女子だけです。あしからず。

皆様のバレンタインデーが素敵な1日になりますように。
posted by ナオナオ at 08:07| 福岡 ☀| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ある日のランチ

最近、お昼の弁当をなるべく自分で作るようになりました。るんるんそろそろ、コンビニのお世話になるのも飽きたし、昼休みは45分しかないので外食するヒマもないしダッシュ(走り出すさま)
昨日のランチは「手作りハンバーガー」CIMG0113.JPG実にアメリカンなサイズになってしまいましたが・・・。
バンズもハンバーグもベーコンも自家製ぴかぴか(新しい)スゴいでしょ?
レタスとミニトマト(黄色いの)とタマネギをはさんで、マヨネーズとケチャップ等で味付けて・・・とっても美味でした。
食べにくいのを除けばバッチリだったなバッド(下向き矢印)同僚2人でのちょっとリッチなランチでした。
posted by ナオナオ at 08:10| 福岡 ☁| パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

さぼってましたが、パン教室

ずーっとさぼっていたパン教室に行ってきました。本日は「ブリオッシュ」バターと卵がたっぷりのフワフワ軟らかいパンです。その昔、マリー・アントワネットが「パンがなければお菓子を食べればいいのよ」と言ったとういうそのお菓子とは、「ブリオッシュ」のことだとかわーい(嬉しい顔)
IMG_1279.JPGこの独特の形、「お坊さんが座禅をしている姿」を模したものだそうです。愛らしい形ですが、じつは成形がちょっぴり難しかったりしますあせあせ(飛び散る汗)IMG_1280.JPG何となく、作っている時から思ったのですが、だんだん「ちくび」に見えてくるのは私だけexclamation&question
来月はクリスマスぴかぴか(新しい)というわけで、教室では「クリスマス」のおもてなしテーブルコーディネートなる、イベントが開催されていました。IMG_1278.JPG盛りつけでこんなにも豪華に見える黒ハートという、一例でした。(それほど料理は普通のものでしたたらーっ(汗))ま、こんな凝ったことをやる相手もいないし。naonaoには不要のイベントでした。
posted by ナオナオ at 21:11| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

手みやげ

本日は、友人3人分の誕生会をまとめてやりますわーい(嬉しい顔)てなわけで、kenji屋を予約しているのですが、仲良しの店主kenjiさんへの手みやげとしてパンを焼きました。
だって私にできることはこのくらいしかないんですたらーっ(汗)
IMG_1158.JPG
「ヘーゼルナッツとサルタナレーズン入りの赤ワインライ麦パン」非常に長いネーミングですが、中身は題名通りのそのまんまです。
レシピだけ公開しますね。
材料:強力粉300g、黒砂糖大さじ2、イースト小さじ2、ショートニング40g、ヘーゼルナッツ・サルタナレーズン各80g、ライ麦粉60g、赤ワイン120cc、水80cc

そして、こっちは今日誕生会の主役になる3人へのプレゼントかわいい「モカロールケーキ」IMG_1157.JPGkenji屋でしっかりお化粧して、みんなのお口に入る予定です。喜んでもらえるかな〜

すっかり午前中に疲れてしまいました。今夜はオールナイト遊びのはずなのにあせあせ(飛び散る汗)
posted by ナオナオ at 14:13| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

自信の新メニュー(パン)

パンの新メニューです。とってもとってもおいしかったので、レシピつけます。naonaoに会うチャンスが多い方、前日までに言っていただければ、お作りしますよ。それくらい自信作黒ハート
<チーズのリュスティック>
材料:準強力粉250g、ドライイースト小さじ1/4、塩5g、はちみつ5g、水155cc、パートフェルメンテ75g、オリーブオイル大さじ1、パルメザンチーズ50g
(下準備)
@パートフェルメンテを作る。準強力粉250gとドライイースト小さじ1/2、塩4g、水150ccをボウルでよく混ぜ、粉気がなくなったところで、台の上に出し、よくこねて30℃で1時間発酵させる。(パートフェルメンテは半発酵生地です。)
Aパルメザンチーズを粉状にしておく

1 イーストを小さじ1の水で溶いておく
2 ボウルに粉と1のイースト液、パートフェルメンテを入れ、蜂蜜と水を加え混ぜる
3 ボウルの中でひとまとめにして、塩を加え、台の上に出しさらにこねる
4 表面がなめらかになったら、室温で2〜3時間または冷蔵庫で12時間1次発酵する
5 発酵が済んだら、軽くガス抜きし、ベンチタイム10分
6 ボウルのまま軽く広げ、オリーブオイルを表面にかける
7 6の上にパルメザンチーズを4分の1くらいかけ、半分に折り畳む
8 折り畳んだ上にさらにパルメザンチーズをふりかけ、生地を畳むこととチーズをかけ
  る事を3回繰り返す
9 12p×20pくらいになったら、スケッパーで6等分する(切り口にさわらない)
10 オーブンシートをひいた天板に並べ、30℃で40分2次発酵
11 210℃に予熱したオーブンで10分、さらに190℃で10分焼く
IMG_0694.JPGチーズがとても香ばしくて、パイのようなユニークな形が
カワイイぴかぴか(新しい)我ながら傑作です。
posted by ナオナオ at 21:58| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

シンプルなパン

久しぶりにパン教室に行ってきました。3ヶ月もさぼっていたのですが、6月いっぱいでメニューが変わってしまうとの事で駆け込みですあせあせ(飛び散る汗)
ひとつめは「シーズブレッド」IMG_0663.JPG練乳入りの生地で、甘くしっとりとした感じです。ちょっと膨らみが悪いのが気になるところ・・・。
2つめは「ブレッチェン」IMG_0669.JPG卵なし、バター控えめのとってもシンプルなドイツ風パンです。生地のほのかな甘みが素直に感じられるパンです。
しかし、ダイエット中のnaonao、パンは職場の同僚のお腹におさまっていきましたとさダッシュ(走り出すさま)
posted by ナオナオ at 07:52| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ブリオッシュ食パン

天然酵母シリーズ最後の一品は、「ブリオッシュ食パン」です。バター、砂糖、卵たっぷりのリッチな味わいのパン。IMG_0639.JPG
<作り方>
強力粉300g、砂糖56g、塩4g、天然酵母の種23g、生クリーム28g、卵84g、水50g、バター84g、グラニュー糖大さじ1

1 すべての材料をボウルに入れ、粉っぽさがなくなるまで、よく混ぜる
2 粉っぽさがなくなったら、台の上に出し、よくこねる
3 こね上がったらボウルに戻し、ラップをかけて1次発酵15時間
4 発酵が終わったら、軽くガス抜きして、20センチ角に広げ、手前から巻く
5 食パン型にバターを塗り、4を型に入れる
6 ラップをかけて2次発酵2時間
7 型の8割くらいの高さになったら発酵終了。取り出して、てっぺんにグラニュー糖  
  をふる。(オーブン180℃に予熱)
8 180℃で25分くらい焼く
フワフワで甘みがホンワカと広がります。「パンがなければお菓子を食べればいいのよ」と言ったマリーアントワネットが好きだったパンだそうです。
posted by ナオナオ at 08:14| 福岡 | Comment(7) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。